メニュー

脳卒中について

脳卒中とは・・

「脳卒中」にはいくつかの種類がありますが、大きくは脳の血管が詰まる「脳梗塞」と脳の血管が破れて出血する「脳出血」「くも膜下出血」に分かれます。

  • 「脳梗塞」・・脳の血管が詰まったり狭くなったりする病気
  • 「脳出血」・・脳の中の細かい血管が破れて出血する病気
  • 「くも膜下出血」・・脳の表面の大きな血管にできらこぶ(動脈瘤)が破れてくも膜下に出血する病気

 脳卒中の患者数は現在約150万人といわれ、毎年25万人以上が新たに発症していると推測されます。脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位、寝たきりになる原因の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。

脳卒中の予防・治療

脳卒中は、たばこ、大量飲酒や運動不足などの生活習慣の乱れから起こりやすい病気です。また、高血圧、脂質異常症、糖尿病などの病気・症状のある方もおこる危険性が高いと言われています。

当院では、脳卒中を防ぐため、病気や症状を抑えるための指導や薬の処方をしたり、生活習慣についての指導を行っています。お気軽にご相談ください。

めまい

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME